車を高く売るために傷やへこみはどうする

愛車のキズやへこみは、直さずそのままで査定してもらいましょう。

愛車を少しでも高く売ろうと考えるとキズやへこみが気になります。でも素人がやすりやパテ、塗料を使って直してもうまくいきません。
また、板金塗装に出してお金を出して修理したところで、車の価値がそれほどあがることはありません。
査定士が見ればすぐにわかってしまいます。特に事故車の修理跡などはすぐにわかっちゃいますから、あえて正直にありのままの姿で査定してもらった方がお得です。
実際、少しのキズでも直すと数万円はかかってしまいます。その修理代の方が高くなってしまうこともあります。買取業者や中古ディーラーのところで直した方が、はるかに安く仕上がるケースの方が多いからです。

板金塗装代は高いです

板金塗装の相場は、わかりにくいです。業者によってビックリするほど金額に差があります。
ほんの数センチのキズでも直そうとすると3万円から5万円もします。ドア1枚だと10万円とかしますし、損傷が車のボディーの部品を複数にまたがっているような場合は、数十万円もかかることもあります。
よくキズが付く前後のバンパーの修理は「FRP樹脂」という素材を使用していますから比較的安くなるようですが、キズがひどいと交換になってしまいますからそれなりの金額になってしまいます。

板金塗装とは、自動車の修復作業で、自動車のボディーの損傷部を板金と塗装の二つの工程で修復することです。
車の板金は、主にハンマリングによる板金を行います。板金ハンマーと当て板を使用して整形して修復します。
そして、修復された金属のボディーに吹きつけ等の塗装を行うことにより元の車の色と同じような表面に整えます。

傷やへこみのまとめ

愛車を売ると決めたらボディーの傷やへこみは直さず査定してもらいましょう。
いろいろ考えて直してみようとしても結果としていいことはありません。
よく見せようと思っても銭失いになってしまうだけです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ