ガソリンスタンドで水抜き剤を入れました。必要なの?!

ガソリンスタンドでよく勧められる水抜き剤は入れる必要ない商品ですね。

ガソリンスタンドのレギュラー100円を見てスタンドに入りました。それにしても安くなりました。

しかもここはセルフじゃないです。感心していたらスタンドの店員さんが何か言ったのでハイと返事をしてしまいました。

「水抜き剤が長いこと入れてないようなので入れときますか?」なんてことを言ったのでしょう。返事がハイなら入れちゃいますよね。絶対に入れないと決めていた水抜き剤を入れてしまったことに後悔後悔です。

いくらガソリンが安くても水抜剤に2,000円近くとられたら・・・

後で、JAFの人と立ち話をした時も『水抜き剤は入れなくていいです。』って話をしてました。

水抜き剤という添加物は何?

水抜剤の主成分はイソプロピルアルコールです。ガソリンと水分の両方に混ざる性質を持っていて水分をエンジン内でガソリンと一緒に燃やしてくれる働きをします。ガソリンタンクに混入した水を抜き取るわけではありません。

水抜き剤は、ガソリンに添加するメジャーなケミカル商品でオイル交換やバッテリーの交換などと並んでガソリンスタンドの収益源です。

昔の自動車は、ガソリンタンクが金属製だったのでタンクに水分がたまり車に悪い影響があると考えられました。だから乗らない時もガソリンは満タンにしておいた方がいいと言われました。

ガソリンタンクが金属製だと長期間にわたって水分がたまった状態では、金属製のガソリンタンクの場合は錆が発生することが考えられ、タンク自体に穴が開いてしまう可能性もありました。

しかし、今の車のガソリンタンクは樹脂でできているため錆びるようなことはありません。水が発生する原因もタンクの空いた部分に結露が発生するからと言われていますが、ガソリンタンクに混入する水の量はほんの微々たる量でガソリンと一緒に燃えてしまうのでガソリンタンクにもエンジンにも悪い影響がでるとは考えられません。

ガソリンタンクにそもそもガソリン以外のものを入れること自体が悪い影響を与える事になると考える人の方が多くなっています。

水抜き剤は必要ないです。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ