バッテリーがあがって車が動かない朝の落胆。

久しぶりに車に乗ろうとしたら、なんとアレックスのエンジンが始動しません。

1週間ほど乗らなかったからかなぁ?寒い冬の朝にありがちなことですが。

よく見ると室内灯がON状態になっていました。先週の夜、荷物をおろすのに電気をつけて切るのを忘れていたようです。

早速、JAFに来てもらいました。

バッテリーとオルタネータ(発電機)のチェックしてもらいました。バッテリーがだいぶ弱っているようですが、「エンジンつけて1時間ほど充電してください」とのこと、1時間も駐車場で?人との約束の時間には間に合わないことになってしまいます。

「バッテリーは新しいのに替えた方が無難ですよ。」ならばと痛い出費でしたが、人との約束もあるので交換することにしました。

少しだけJAFの人と立ち話・・・ガソリンが100円切ったね。安くなりましたね。という話から先日ガソリンスタンドで店員に水抜剤を入れられてよけいな出費をしたばかりです。なんて言うとJAFの人も「水抜剤は必要ないですよ!」とやっぱりね。

こんな気分が落ち込むことが続くとアレックスを買い替えたいなって思うのでした。

こんな下取り査定価格のゼロの車でも・・・買取業者ならいくらかにはなります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ