年式の古い車・走行距離が長い車でも査定額はある

中古車査定

古い車、長い走行距離の車でも値段はつきますので、諦めないで買取してもらいましょう。
通常、年式や走行距離や車両状態によって買取額は変動するものですが、今では、古い車でも自動車の状態、情報を総合的にみて買取金額が決定されます。特に古い車でも排気量が大きい車は高価査定が期待できます。

古い車でも十分価値はあります。走行距離が長い車でも値段がつかないと諦めずにまずは査定に出してみましょう。

古い車、長い走行距離の車でも高額査定の秘密。

たまに仕事で埼玉、千葉や茨城県に、車で出かけますが、田畑の間に車を山積みにしてある場所や中古車が空地に
何十台とおいてある光景を見かけます。そしてその場所では外国の方を多く見かけます。

どうもそれらの車は、東南アジア、中東、アフリカなど世界各地に中古車あるいは車の部品として輸出されていくようです。

以前は、10万Km以上も走行距離がある車は、値段がつかないという事も多くありました。しかし昨今では車自体の耐久性の向上もあり、古くても過走行でも値段がつくことが多くなりました。その理由の一つが、日本では走行距離10万Kmという車だとそろそろ寿命ではないかというイメージがありますが、海外ではそんなことはないかあらです。だから、はじめから輸出を考慮した買取をする業者もたくさんあるわけです。また、国内でも人気の高い車種であれば走行距離を問わず買取されたり、部品取りのために買取されたりするのです。

新興国での日本車の人気は凄いものがあるようです。街を走ってる車のほとんどが日本車なんていう国も珍しくない現実です。
テレビで新興国の様子が映った映像の中には、日本の「〇〇運送」「〇〇商会」なんていう看板車が平気で走っていることもあります。あえて日本語が入っていることを良しとしているところもあるようです。わざと日本車であるとアピールする効果も狙っているようで、日本車が愛されている証拠にもなっていますね。

だから年式の古い車でも走行距離が長い車でも売れるんです。

愛車のお見積りはコチラ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ