日本もで戦前から電気自動車が製造されていた!

電気自動車(EV)といえば最近の車だというイメージがありますが、電気自動車は、極端にいえばモーターとバッテリーという簡単な構造で生産できるため、その実用化は古くから考えられていてガソリン自動車と同時時には製造されていたのです。

電気自動車の歴史は古く19世紀後半には、ヨーロッパやアメリカで実用化されていました。1920年ごろには、電気自動車が主流だったとされています。日本にも1900年ごろに電気自動車が輸入されて走行された記録があるようです。

日本の戦前戦後の電気自動車

日本では、日中戦争の1935年ごろに、中島製 作所日本電気自動車などが電気自動車の製造販売をはじめました。終戦の1945年までの10年間に1500台もの電気自動車が生産されたというから驚きです。電気自動車が生産された理由は、今と同じ事情だったようです。石油資源が少ないための代替エネルギーを求めたからでした。当時は戦時中で石油がひっ迫していたことがあるようです。

戦後になると、戦争中軍用機を作っていた立川飛行機は仕事がなくなったために、飛行機製造の技術力を電気自動 車の開発に生かすべく東京電気自動車(株)が設立されました。東京電気自動車が多摩地区にあったせいか、自動車は「たま」の 愛称で売り出されました。後に会社の名称もたま電気自動車(株)に変更しています。

電気自動車「たま」は、2ドアセダンで、最高速度35km/h、1充電走行距離65kmと想像以上の性能があったようです。また、49年型たまセニア号では、1充電200kmの走行が可能になったと記録されています。

電気自動車には充電池の問題がつきまといますから、当時の技術としては立派なものだと思いまいます。現在でも電気自動車は、充電池の重量と充電時間の問題や走行距離が短い問題は完全には、クリアされていないと言えるからです。

また、1947年ごろ電気自動車が普及した背景には、戦後、深刻な石油不足に見舞われていたからだと言われます。そして電気は一般家庭では電気製品もなく使われず、大口の企業も戦争で工場などが破壊された為、電力の供給は十分にあったからでした。

しかし数年して朝鮮戦争がおこるとバッテリーの材料の鉛が高騰し電気自動車の価格競争力はなくなり、逆に石油の供給が安定するとともに自動車会社は、ガソリン車の生産への転換を図るようになっていき、電気自動車はいつの間にか姿を見ない車になってしまったのです。

オイルショックの影響

次に、電気自動車が脚光を浴びるのは、オイルショックが起きた時ですが、これもほんの一時の事で終わってしまいました。

当時は、ガソリン価格の高騰と原油の埋蔵量があと30年くらいしかなく原油が枯渇するなどと言われ、ガソリン車以外の車が注目されたものですが、これもいつの間にか沈静してしまった感がありました。

その後も、ガソリン価格の高騰や環境問題が議論になる時には必ず電気自動車(EV)の話題が上がるのですが、なかなか本格的に電気自動車(EV)の流れにはなっていないのが現状ですね。

第一次オイルショック
1973年10月、第4次中東戦争が勃発するとOAPECが戦争中の原油の生産削減を宣言、同時にOPECは原油価格の70%引き上げを通告。

第二次オイルショック
1979年2月イラン革命、1980年9月にはイラン・イラク戦争開戦、原油価格は18ドルから39ドルまで高騰した。

 

電気自動車の歴史

1873年 スコットランド人のロバート・デビットソンが実用化に初めて成功する。

1881年 フランス人のカミーユ・フォーレが鉛電池を改良して走行距離を大幅に伸ばした。

1891年 ウィリアム・モリソンがアメリカ で初めて電気自動車を製造する。

1894年 フランスでは、 シャルル・ジャントーがはじめて電気自動車を製造する。
シャルル・ジャントーのジャメ・コンタ号は、時速106㎞という当時の世界記録を達成した。

1898年 ウォルター・ベーカー(アメリカ)が電気自動車ベーカー・エレクトリックを製造する。その性能は、時速40㎞、走行距離80㎞だった。

1900年 フェルディナント・ポルシェが競走用の電気自動車を設計する。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ