「自動車の歴史」の記事一覧

最初のガソリン自動車は、やっぱりベンツ?!

ガソリンで走る車を世界で初めて世に送り出したのは、世界最古の自動車メーカーの一つを設立したドイツのカール・ベンツでした。ベンツの名前は今でも「メルセデス・ベンツ」というブランドで輝いています。

終戦直後の日本の自動車産業はトラックの生産が主でした。

戦後の自動車産業の躍進は目覚ましいものがありましたが、終戦直後は、GHQの統制下の中、自動車の生産は思うようにはできませんした。

今更ですが自動車のはじまり(歴史)を調べました。

自動車の歴史がおもしろい。最初の自動車は蒸気自動車でした。今主流のガソリン自動車も次世代自動車と言われる電気自動車も19世紀後半に開発され実用化されていたのです。

日本もで戦前から電気自動車が製造されていた!

次世代の自動車として電気自動車(EV)が普及していくのではないかと注目されますが、電気自動車自体は古くから製造され日本でも戦時中には製造販売されていたのです。電気自動車には、ガソリン自動車とは変わらないほどの歴史がありました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ